あなたは、彼女や奥さんとセックスをするときにはゴムをつけていますか。やはり計画的に子どもがほしくないときには、きちんと避妊をしているでしょう。そうでないと、やはり責任や生活に重大にかかわってくるからです。

女性から着けないでといってきたら

それはセフレでも同じです。割りきった関係のはずなのに、予定外に妊娠をさせてしまったら、その責任はとらなければなりません。中には、素性はあまり知られてないからと逃げる男性もいますが、これは最低な行為です。こうならないようにきちんとゴムは着けましょう。

ところがもしも女性がゴム着けないでと言われたら、あなたはどうしますか。彼女や奥さんとならば、言われるがままに着けないでもいいかもしれません。万が一の時のリスクはありますが。

しかし、セフレの場合でもついつい言われるがままに、着けずにやるとトラブルになる可能性もあります。というのも、にんしんしてしまうのほかに、妊娠していないのに妊娠したと言ってお金を請求されるなんてこともあるからです。

男性にとっては、鵜呑みにしてはいけないのですが、やはり悪質な女性だと迫ってくるケースも考えられます。また、美人局(つつもたせ)のように男性が出てきて、請求してくるなんてこともあるのです。

もしもあなたが既婚者で、女性があなたのことを本当に好きならば、妊娠したから責任をとってと離婚を求めるなんてことも考えられます。こうなるともう泥沼です。せっかくの割りきったはずの関係が台無しになりますし、下手すると自分の生活自体も台無しにしてしまいます。

女性の大丈夫も当てにならない

女性も自分の体のことは熟知していそうでもそんなことはありません。体調もころっと変わるのです。生理も急に来たり、来なかったりと変わります。安全日も実は安全でないかもしれません。あまり女性のことも信じすぎずに、身を守ることを考えておきましょう。

楽しく関係を続けるためにも、自分の身を守る意味でも、女性の言葉に惑わされずにゴムを着けてセックスをしましょう。