セフレとゴム無しセックスする?しない?

エッチするなら生が良い!でもセフレとのセックスはゴムをしたほうが良いこともある!

セックスはゴム無し派という方は性病や妊娠に要注意!

普段女性とのセックスでは、ゴムをつけてセックスをすることがほとんとでしょう。結婚して子作りならば、ゴム無しもあるでしょうが、やはり普段はゴムをつけて、避妊をしているのでしょう。

やっぱりゴム無しは気持ちいい

それでもやっぱりゴムをつけずにするセックスのほうが気持ちいいものです。それは男性だけでなく、女性もそうだというのです。中にはお付き合いの時点でも、すでにゴム無しセックスがいいなんて女性もいるのです。

さらに女性でゴムをつけないほうが愛情を感じるなんてとらえる女性もいるくらいです。もちろん、男性もさらに気持ちがいいからと、ゴム無しをしようという男性もいれば、セックスの最中に外すなんて悪質な男性もいます。そんな男性とセフレになってしまうと、女性は妊娠のリスクを背負うことになるでしょう。

セフレも安心されるためにもゴムをつけよう

やはり先に書いたように妊娠のリスクも背負います。下手をすると、女性も妊娠してしまい、その中絶費用を女性から請求されるなんてトラブルになるかもしれません。また、妊娠していなくても妊娠したと嘘をついてお金を請求してくるなんて、美人局(つつもたせ)のようなケースもあります。ゴム無しは気持ちがよくてもあとあと、トラブルになる可能性が高くなるのです。

そんなことにならないように、女性を安心させるためにも、ゴムをつけてセックスをしてみたらどうでしょうか。それが安全ですし、女性から信頼されるかもしれません。
また、先に書いたようなトラブルを避けるので、自分の身を守ることにも繋がるのです。

ゴム無しだと病気になる可能性も

セフレとなっている女性はあなただけでなく、不特定多数の男性とセフレになっている可能性があります。それだと、実は女性が病気を持っているなんてこともあります。ゴム無しだとそのまま、病気をもらうなんてこともあるのです。

もし、病気になってしまうと、それで彼女や奥さんにセフレがいることがバレたなんて話しもあります。もちろん治療にも時間はかかってしまいます。また病気になると、痛みがあったり、見た目も汚くなったりと大変です。病気の治療の間は、もちろんセックスをすることはできません。結局は損するばかりなのです。

安全にセックスを楽しむために

セフレと楽しくセックスをして、安全にするためにもやはりゴムを着けたほうがいいでしょう。気持ちよさよりもリスクを考えたほうが、ゴムをつけるのも納得するのではないでしょうか。